バッティングで上体が前後に大きく移動することを「スウェー」すると言います。

後ろに反ったり、体が前に突っ込んだりする状態ですね。

このバッティングのスウェーには「前へのスウェー」と「後ろへのスウェー」の2種類があります。今回はそんなバッティングでスウェーする原因と改善方法のご紹介になりますよ。

バッティングの後ろへのスウェー

後ろへスウェーするのは、アゴが上がったり、前のワキが大きく開いたりする事が原因になります。

頭が動くと目線が大きくブレますので、頭は動かさない様にしましょう。

前のワキはインハイ打ち以外では、必要以上に大きく開け過ぎない様に注意しましょう。

後ろへのスウェーは、特に矯正等でなく意識して改善する事が出来ますよ。

バッティング前のスウェー

バッティングの前へのスウェー

前に上体が突っ込んでしまうスウェーでは、大きく2つの見るポイントがあります。

1つ目は、しっかりと軸足へ重心を移して体重移動が出来ているか?どうかです。

タイミングが合わなくてスウェーしてしまうケースでは、軸足への体重移動を確認してみて下さい。軸足に体重を乗せることで、タイミングを取りやすくなりますよ。

2つ目は、トップが深く作れているか?どうかです。

バッティングのトップとは、スイングする前のグリップ(両手)の位置になります。

下記のバッティングフォーム①では、②と比較するとトップが浅い事が分かります。

トップが浅い場合にもタイミングが取りにくく、バッティングの割れが小さくなりますので、スウェーの原因の一つになります。

バッティングの割れと言うのは、下記の写真でも分かる様に「上半身と下半身」が一番大きく離れた(ねじれた)状態を言います。

割れが大きければ、その分だけパワーが生まれますし、下半身が安定して上体が前には突っ込みにくくなりますよ。

深いトップを作るには、キャッチャー方向へバットの始動位置を持って行く意識を持ちます。

バッティングス後ろのウェー

体が開くクセが一瞬で直る!プロ直伝の秘密兵器

バッティングの基本からクセの矯正方法までプロが教えてくれる「7日間スラッガープロジェクト」です。

甲子園出場選手も多数輩出したロングセラーのバッティングDVDです。やっぱりプロ野球のバッターは確かな技術指導で、選手から指導者まで必見の内容になっていますよ。

間違ったスイングで練習しても上達しません。上達の近道は正しい技術や知識をプロに教わることなんですよ。バッティングDVDで人気No.1なんです!

7日間スラッガープロジェクト7日間スラッガープロジェクト

内野守備上達の全てが分かる決定版!

メジャーでもショートストップやセカンドベースマンとして出場したプロ野球選手「川﨑宗則」がショート・セカンド・サード守備の全てを教えてくれます。

チーム内でも内野守備ナンバーワンを目指せるDVDになりますよ。

ワンテンポもツーテンポも「捕球~スローイングが速くなり」堅実で綺麗な守備力が身に付く充実した内容なんです!

守備上達