バッティングでボールを押し込む感覚という表現があります。

しかし、その感覚を実感するのはなかなか難しいのではないでしょうか?

実際には、押し込むというよりも「ボールがバットに乗っかる」と表現する専門家もいます。

ボールを後ろの手で押し込む動作について

インパクト時にボールを押し込むと言っても、その間はわずか一瞬の出来事になります。

押し込む前にすでにボールは弾かれて前に飛んでいます。

ですので厳密に言えば、ボールを打つ前に押し込む感覚を養うというべきでしょうか?

何にしても感覚的な部分が多いのですが、実際にその感覚が養えるのが「サンドボール」になるんですね。

バッティング上達にサンドボール

サンドボール

サンドボールは、ボールの中に砂(サンド)と空気が入っているボールです。

500gと350gの2種類の重さがありますが、中学生以上ならば500gで良いでしょう。

小学生や中学生でも身長が低い方であれば350gが良いかもしれません。

サンドボールは、しっかりとボールを捉えないとボールが飛びません。

また重さがありますので、バットにボールが乗る(押し込む)感覚を体感しながら練習が出来るんですね。

ティーバッティングでコースの打ち分けなどの練習をすると効果的ですよ。

またサンドボールと「竹バット」を併用すれば、さらなるミート力アップにつながるバッティング練習が出来ますよ。

サンドボール!野球専門用品の楽天ムサシ

バッティングでボールを押し込む

体が開くクセが一瞬で直る!プロ直伝の秘密兵器

バッティングの基本からクセの矯正方法までプロが教えてくれる「7日間スラッガープロジェクト」です。

甲子園出場選手も多数輩出したロングセラーのバッティングDVDです。やっぱりプロ野球のバッターは確かな技術指導で、選手から指導者まで必見の内容になっていますよ。

間違ったスイングで練習しても上達しません。上達の近道は正しい技術や知識をプロに教わることなんですよ。バッティングDVDで人気No.1なんです!

7日間スラッガープロジェクト7日間スラッガープロジェクト

内野守備上達の全てが分かる決定版!

メジャーでもショートストップやセカンドベースマンとして出場したプロ野球選手「川﨑宗則」がショート・セカンド・サード守備の全てを教えてくれます。

チーム内でも内野守備ナンバーワンを目指せるDVDになりますよ。

ワンテンポもツーテンポも「捕球~スローイングが速くなり」堅実で綺麗な守備力が身に付く充実した内容なんです!

守備上達