バッティングで上半身・下半身ともに体が開いてしまえば、体外へ力(パワー)が逃げてしまいます。バットに伝える力がロスしてしまうんですね。

では、逆に体の開きを抑えれば、どの様な力が働くのでしょうか?

今回はバッティングで主に使う筋肉とパワーの連動の解説になりますよ。

バッティングの下半身のパワーの連動

バッティングは下半身から始動しますので、まずは下半身のパワー連動から解説していきます。

主な下半身の筋肉は、大腿筋(だいたいきん / 太もも)臀筋(でんきん / お尻)下腿三頭筋(かたいさんとうきん / ヒラメ筋等)内転筋(ないてんきん / 太ももの内側)などになります。

この中でも、特に軸足から前足へパワーを伝えるのが「内転筋」になります。

それは、体のパワーは内側から内側へと連動されるからなんですね。

前足に体重移動をしたら、そのパワーを前足の壁で受け止め逃がさない様にします。

バッティングの上半身のパワー連動

バッティングの上半身のパワーの連動

下半身のパワーを腰や腹斜筋(ふくしゃきん)のねじれの回転へとつなげていきます。

スイングは、腕の筋肉の上腕二頭筋や上腕三頭筋に連動していきます。

そして、肘の筋肉や手首への柔軟性を使ってバットへと全てのパワーを伝えます。

この一連のパワーの連動で、インパクト時にロスなくボールに全部の力をぶつける事ができますよ。

バッティングの上半身のパワー連動

インサイドアウトのスイング

もちろんバッティングはバットという道具を使用しますので、スイング軌道もしっかりとしないと、力がうまく伝わらない原因になります。

バットの扱い方(スイング)は、インサイドアウトのスイングが大切です。

インサイドアウトについては、下記の記事よりお読み頂けますよ。

体が開くクセが一瞬で直る!プロ直伝の秘密兵器

バッティングの基本からクセの矯正方法までプロが教えてくれる「7日間スラッガープロジェクト」です。

甲子園出場選手も多数輩出したロングセラーのバッティングDVDです。やっぱりプロ野球のバッターは確かな技術指導で、選手から指導者まで必見の内容になっていますよ。

間違ったスイングで練習しても上達しません。上達の近道は正しい技術や知識をプロに教わることなんですよ。バッティングDVDで人気No.1なんです!

7日間スラッガープロジェクト7日間スラッガープロジェクト

内野守備上達の全てが分かる決定版!

メジャーでもショートストップやセカンドベースマンとして出場したプロ野球選手「川﨑宗則」がショート・セカンド・サード守備の全てを教えてくれます。

チーム内でも内野守備ナンバーワンを目指せるDVDになりますよ。

ワンテンポもツーテンポも「捕球~スローイングが速くなり」堅実で綺麗な守備力が身に付く充実した内容なんです!

守備上達