アンダースローをマスターしたくて、取り組んで投げてみたけど… 難しい!

そんなお悩みはありませんか?

もしくはアンダースロー投手を育てたいという指導者ですね。

その様な場合には、アンダースローで活躍した元プロ野球の投手が教えてくれるDVDがあるんですよ。その前にアンダースローについてご紹介したいと思います。

アンダースローの投げ方

アンダスローについて

まずは、基本的な投球フォームは3つに分類されます。

オーバースロー・サイドスロー・アンダースローですね。

ですが、どんな投げ方がそれぞれの投球フォームに分類されるのかを具体的に説明できる人は少ないのではないでしょうか?

アンダースローの投げ方

多くのケースでは「投げる腕の位置」で判断すると思いますが、実はそれは正解でもあり間違いでもあります。

ピッチングのフォームは「胴体の傾き」によって判断されるんですね。

  • オーバースローでは胴体の傾きがやや一塁方向
  • サイドスローでは胴体の傾きがやや三塁方向
  • アンダースローでは胴体の傾きがかなり三塁方向

という胴体の傾きで判断します(下記ピッチングフォームの参考図)

これで、アンダースローがどういう投げ方か理解頂けたかと思います。

投球フォームの区別

アンダースローのメリットとデメリットは!?

アンダースローが少なくなってきた現代野球ですが、アンダースローのメリットやデメリットはあるのでしょうか?

アンダースローのデメリットや特徴

  • 体の柔軟性が必要
  • 多種の変化球を投げやすいが、真下に落ちるフォークやスプリットは投げれない
  • 右投げとすれば「左打者」からフォームが見えやすい
  • オーバースロー程の球速は出ない

☑ アンダースローのメリットや特徴

  • オーバースローやサイドスローとは、ボールの軌道が全く違うので打者が感じる眼の錯覚が強いので打ちにくい
  • 色々な変化球を投げやすい
  • オンリーワンのピッチングフォームでロマンがある

などになります。

特に打者の目線が大きく違うのは、大きな武器になるんですね。

そこに変化球と配球を組み立てることで、アンダースローはより輝きを増すんですね。

このDVDでは、そんな配球の組み立ても教えてくれるんですね。

アンダースローの投げ方

アンダースローのDVD

アンダースローは柔軟性が必要なピッチングフォームになります。

アンダースローの投げ方を教えてくれる「松沼兄弟の投球フォーム別パーフェクトバイブル」では、まずはアンダースローの適正を教えてくれます。

変則的なピッチングフォームですので、適正があるかも教えてくれるんですね。

そしてアンダースローの投げ方や配球を教えてくれるんですね。

高校野球では昔と違い、もうエース1人では投げ勝てません。

2番手、3番手の投手からアンダースローを取得してプロで活躍したのが「サブマリン渡辺俊介」ですよね。野球のヒーローはエースや4番だけではありません。

アンダースローは野球ファンのロマンでもありますよ!

アンダースローの投げ方のバイブル

アンダースローDVD

体が開くクセが一瞬で直る!プロ直伝の秘密兵器

バッティングの基本からクセの矯正方法までプロが教えてくれる「7日間スラッガープロジェクト」です。

甲子園出場選手も多数輩出したロングセラーのバッティングDVDです。やっぱりプロ野球のバッターは確かな技術指導で、選手から指導者まで必見の内容になっていますよ。

間違ったスイングで練習しても上達しません。上達の近道は正しい技術や知識をプロに教わることなんですよ。バッティングDVDで人気No.1なんです!

7日間スラッガープロジェクト7日間スラッガープロジェクト

内野守備上達の全てが分かる決定版!

メジャーでもショートストップやセカンドベースマンとして出場したプロ野球選手「川﨑宗則」がショート・セカンド・サード守備の全てを教えてくれます。

チーム内でも内野守備ナンバーワンを目指せるDVDになりますよ。

ワンテンポもツーテンポも「捕球~スローイングが速くなり」堅実で綺麗な守備力が身に付く充実した内容なんです!

守備上達