バッティングの基本的なバットの構え方と「トップ」についての解説になります。

最初は、バットはどんな角度でどの位置で構えれば良いの?と疑問に思うかと思います。

答えは「スムーズに深いトップを作れるバットの構え方(角度)」になります。

そんなバッティングフォームと「トップを作る」と言う内容になりますよ。

バッティングのトップとは!?

下記のバッティング写真は「前足を上げ始める ⇒ 足を上げる ⇒ ステップして前に体重移動をした」瞬間の写真です。

バッティングのトップとは下記の画像でも分かる様に、バットを振り出す前の「グリップを握った両手の位置」になります。

トップは深く作る事により、バッティングの上達につながります。

  • タイミングを合わせやすくなる
  • 上半身と下半身のねじれが大きくなるので回転にパワーが加わる
  • 体が開きにくくなる

などのバッティングが出来る様になります。

バッティングのトップ(左)

オリックス・バファローズ「吉田正尚」のバッティングフォームです。

右打者ならば、反転した写真で確認してみて下さい。

バッティングのトップ(右)

バッティングの割れとは!?

バッティングでも、ピッチングでも「割れ」という言葉が使われます。

  • ピッチングの割れ
  • バッティングの割れ

です。そして共通しているのは、どちらも体が割れる前には、トップの状態を作っておくことです。

バッティングの割れならば、割れる前にトップを作っておくバッターもいますし、割れと同時にトップを作るバッターもいます。

バッティングの割れとは下記の写真を見て下さい。

上半身は後ろに残り、下半身は前に移動して、上半身と下半身が一番離れている形を言います。

離れている・ねじれている・伸びているなど表現は色々ありますが、これを「バッティングの割れ」と言います。

伸ばした体は収縮しますので、これがバッティングのパワーにつながります。

バッティングの割れ

野球のバットの構え方

バットの構え方は、冒頭でもお話をした様に「トップ」が作りやすい状態で構えることが良いです。下記は「吉田正尚」のバッティングフォームの連続写真になります。

トップを作った時に、Ⓐの様にバットを寝かせるⒷの様に顔の前に持ってくる。といった構え方はどうでしょうか?

Ⓐでは、後ろが大きいスイングやドアスイングになるケースがあります。

Ⓑでは、手首をこねてしまうので、手首の返しが早くなるケースがあります。

バットの構え方

下記のバッティング連続写真は、右打者用に写真を反転させています。

バットの構え方の結論としては、トップの際に自然とバットを握った角度でスイングをするとスムーズなスイングができますよ。

バットの構え方

体が開くクセが一瞬で直る!プロ直伝の秘密兵器

バッティングの基本からクセの矯正方法までプロが教えてくれる「7日間スラッガープロジェクト」です。

甲子園出場選手も多数輩出したロングセラーのバッティングDVDです。やっぱりプロ野球のバッターは確かな技術指導で、選手から指導者まで必見の内容になっていますよ。

間違ったスイングで練習しても上達しません。上達の近道は正しい技術や知識をプロに教わることなんですよ。バッティングDVDで人気No.1なんです!

7日間スラッガープロジェクト7日間スラッガープロジェクト

内野守備上達の全てが分かる決定版!

メジャーでもショートストップやセカンドベースマンとして出場したプロ野球選手「川﨑宗則」がショート・セカンド・サード守備の全てを教えてくれます。

チーム内でも内野守備ナンバーワンを目指せるDVDになりますよ。

ワンテンポもツーテンポも「捕球~スローイングが速くなり」堅実で綺麗な守備力が身に付く充実した内容なんです!

守備上達