バッティングの体の開きは、上半身の「前肩」と下半身の「前ひざ」がポイントになります。

今回は少年野球でよく見られる体の開きを矯正する方法です。

今回の内容は、下半身の開きを抑える練習方法の2種類をご紹介です。

バッティングティーを使った体が開かない練習方法

体の開きを矯正

しっかりと意識をして「前足のつま先とヒザ」はホームベース側を向く様にスイングをしましょう。特に、前足のヒザはピッチャーへ向けない様にします。

体の開きを矯正

インパクト後に、後ろの軸足を上げて前に移動させます。

体の開きを矯正

軸足を前に移動させることで、体重移動を意識して、前足に力を溜める練習になります。

前足が開かない様に意識して、前足で壁を作る練習ですね。

前足の踏ん張りを覚えることにより、足が開かずに我慢できると言う訳です。

体重移動を意識した時に行う練習の一つなのですが、下手をしたら軸足に変なクセが付く懸念もありますので意見が分かれる練習方法かもしれません。

ボールを使った体の開きを矯正するスイング

今度は、前足のかかとでボールを踏んで体の開きを抑える練習方法です。

ボールを踏んでいるために体が開きません。

① 正面からのスイング画像

② 横からのスイング画像

③ この時に不安定なので後ろへスウェーしない様にすること

④ 慣れて来たら両足のかかとでボールを踏む(ボール1個ずつ計2個)

ボールを使って体の開きを矯正

最初は素振りで慣れてくればバッティングティーを使っても良いです。

体が開くクセが一瞬で直る!プロ直伝の秘密兵器

バッティングの基本からクセの矯正方法までプロが教えてくれる「7日間スラッガープロジェクト」です。

甲子園出場選手も多数輩出したロングセラーのバッティングDVDです。やっぱりプロ野球のバッターは確かな技術指導で、選手から指導者まで必見の内容になっていますよ。

間違ったスイングで練習しても上達しません。上達の近道は正しい技術や知識をプロに教わることなんですよ。バッティングDVDで人気No.1なんです!

7日間スラッガープロジェクト7日間スラッガープロジェクト

内野守備上達の全てが分かる決定版!

メジャーでもショートストップやセカンドベースマンとして出場したプロ野球選手「川﨑宗則」がショート・セカンド・サード守備の全てを教えてくれます。

チーム内でも内野守備ナンバーワンを目指せるDVDになりますよ。

ワンテンポもツーテンポも「捕球~スローイングが速くなり」堅実で綺麗な守備力が身に付く充実した内容なんです!

守備上達