バッティングのスイングの基本である「インサイドアウト」の説明になります。

インサイドアウトは文字通りにバットのスイングを「インサイド ⇒ アウト」でバットを出していくスイングを言います。

バッティングのインサイドアウト

矢印のトップから、バットを「体の近くから中へ通す」インサイドでスイングを開始します。

グリップが先行して、後から「バットのヘッドが出てくる」形のスイングになります。

インサイドでスイングを開始して、ヘッドが外側(アウト)から追いついてくるスイングですね。

バッティングのインサイドアウト

インサイドアウトのイメージ

よく言われる「バットが体に巻きつく様なスイング」ですね。

  • トップから最短でグリップを胸の中心を通すイメージで振ります
  • 低目のボールならば、グリップが「ヘソ」を通るイメージですね

これがインサイドアウトのスイングになります。

トップと言うのは、バットが始動するグリップの両手の位置のことを言います。

バッティングのインサイドアウトのスイング

インサイドアウトのスイングが良い理由は?

  • インサイドアウトのスイングをすれば、最短でバットが前に出せる
  • 体の前のスイングが大きくなるので振り遅れにくい
  • しっかりとバットに力が伝わる
  • バットのヘッドが下がりにくい

という事があげられます。

インサイドアウトの真逆のスイングが「ドアスイング」ですね。

ドアスイングでは、グリップが先行するのでなく、バットのヘッドが先行してスイングする軌道になります。

コンパクトで強く振れるスイングではないのが「ドアスイング」になります。

ドアスイングは一般的に言われる「後ろが大きいスイングで、前が小さいスイング」です。

インサイドアウトの反対のスイングなので「アウトサイドイン」と言っても良いでしょう。

速くコンパクトに強い打球を打つには、このインサイドアウトのスイングを行いましょう!

体が開くクセが一瞬で直る!プロ直伝の秘密兵器

バッティングの基本からクセの矯正方法までプロが教えてくれる「7日間スラッガープロジェクト」です。

甲子園出場選手も多数輩出したロングセラーのバッティングDVDです。やっぱりプロ野球のバッターは確かな技術指導で、選手から指導者まで必見の内容になっていますよ。

間違ったスイングで練習しても上達しません。上達の近道は正しい技術や知識をプロに教わることなんですよ。バッティングDVDで人気No.1なんです!

7日間スラッガープロジェクト7日間スラッガープロジェクト

内野守備上達の全てが分かる決定版!

メジャーでもショートストップやセカンドベースマンとして出場したプロ野球選手「川﨑宗則」がショート・セカンド・サード守備の全てを教えてくれます。

チーム内でも内野守備ナンバーワンを目指せるDVDになりますよ。

ワンテンポもツーテンポも「捕球~スローイングが速くなり」堅実で綺麗な守備力が身に付く充実した内容なんです!

守備上達