バッティングでバットのヘッドを立てるという言葉があります。

ヘッドを立てないといけない理由としては、インパクト時に力が入らないからです。

今回はインパクト時にパワーをロスしない、バットのヘッドを立てるという意味に迫りたいと思います。

その前にヘッドが下がるというのは、見たまま物理的にバッドが下がっている事を言いません。

物理的なバットの状態だけで判断すれば、低目のコースを打てば誰でもバットのヘッドは下がりますからね。

バットのヘッドを立てるとは!?

結論から言えば、インパクトの瞬間に「手首に力が入る角度」のことを言います。

① 手首に力が入る状態を「ヘッドが立つ」
② 手首に力が入らない状態を「ヘッドが下がる」

と言います。

ヘッドを立てると言う意味

手首に力が入るとは!?

具体的に手首に力が入るとは次のことを言います。

① バットのヘッドを立てるには、前の手首を上(外側)へ曲げることを言います

バットのヘッドが立つ

②バットのヘッドが下がるとは、前の手首が下(内側)へ曲げることを言います

バットのヘッドが下がる

手首に力が入る角度とは!?

下の画像写真の様にバットを持ち、誰かに上から押してもらいます。

①の前手首が立っている状態では、力が入っていますのでバットが下がりません。

これが「バットヘッドが立つ」と言う意味になります。

②の前手首が寝ている状態では、力が入りませんのでバットが下がります。

これが「バットヘッドが下がる」と言う意味になります。

手首に力が入る角度

体が開くクセが一瞬で直る!プロ直伝の秘密兵器

バッティングの基本からクセの矯正方法までプロが教えてくれる「7日間スラッガープロジェクト」です。

甲子園出場選手も多数輩出したロングセラーのバッティングDVDです。やっぱりプロ野球のバッターは確かな技術指導で、選手から指導者まで必見の内容になっていますよ。

間違ったスイングで練習しても上達しません。上達の近道は正しい技術や知識をプロに教わることなんですよ。バッティングDVDで人気No.1なんです!

7日間スラッガープロジェクト7日間スラッガープロジェクト

内野守備上達の全てが分かる決定版!

メジャーでもショートストップやセカンドベースマンとして出場したプロ野球選手「川﨑宗則」がショート・セカンド・サード守備の全てを教えてくれます。

チーム内でも内野守備ナンバーワンを目指せるDVDになりますよ。

ワンテンポもツーテンポも「捕球~スローイングが速くなり」堅実で綺麗な守備力が身に付く充実した内容なんです!

守備上達