バッティングのスイングで悪いとされる「ドアスイング」についての解説です。

ドアスイングとは、その名の通りにドアの開閉の様なスイングになります。

ドアの開閉の軌道の様に、バットのヘッドの軌道が大きく遠回りすることを言います。

ドアスイングとは?

分かりやすい画像で見比べてみましょう。

赤い丸の部分がバットを構えた時のヘッドの始動位置です。

そしてドアスイングの軌道では、バットのヘッドが大回りして大振りである事が分かります。

これが「ドアスイング」と言われるスイングになります。

ドアスイング

今度は、ドアスイングでないスイングです。

バットのヘッドの位置はそのままで、斜め下へグリップを振り出します。

バットを構えた位置のまま、ヘッドを残す様にスイングをすればドアスイングになりません。

インサイドアウト

ドアスイングにならない様にするには?

バットのヘッドが円運動(軌道)をしない、グリップから先行させるスイングをするイメージになりますよ。

ドアスイング

ドアスイングになってしまうと、後ろが大きいスイングになり振り遅れるケースもあります。

また、大振りになるのでスイングスピードも遅くなります。

  • バットコントロールがしにくい
  • 前後のミートポイントが少なくなる
  • パワーが連動したスイングが出来ない

など、色々なマイナス要素になります。

ドアスイングの場合には「インサイドアウト」のスイングを覚えましょう!

体が開くクセが一瞬で直る!プロ直伝の秘密兵器

バッティングの基本からクセの矯正方法までプロが教えてくれる「7日間スラッガープロジェクト」です。

甲子園出場選手も多数輩出したロングセラーのバッティングDVDです。やっぱりプロ野球のバッターは確かな技術指導で、選手から指導者まで必見の内容になっていますよ。

間違ったスイングで練習しても上達しません。上達の近道は正しい技術や知識をプロに教わることなんですよ。バッティングDVDで人気No.1なんです!

7日間スラッガープロジェクト7日間スラッガープロジェクト

内野守備上達の全てが分かる決定版!

メジャーでもショートストップやセカンドベースマンとして出場したプロ野球選手「川﨑宗則」がショート・セカンド・サード守備の全てを教えてくれます。

チーム内でも内野守備ナンバーワンを目指せるDVDになりますよ。

ワンテンポもツーテンポも「捕球~スローイングが速くなり」堅実で綺麗な守備力が身に付く充実した内容なんです!

守備上達