今回はアンダー12の侍ジャパンの代表監督を務めた、元巨人の「仁志敏久」のバッティングで体が開くという説明です。

少年野球に見られる体の開きも説明してくれますよ。

バッティングの体の開きとは?

オープンスタンスとアウトステップは、体が開いている状態とは言いません。

オープンスタンス

☑ まずは上半身の体の開きです

前の肩(右打者ならば左肩・左打者なら右肩)が横に開き胸を前に見せている状態を言います。

☑ 今度は下半身です

つま先をピッチャー側へ向けているだけでは体が開くとは言いません。

下半身は前のヒザが前を向くと体が開くと言います。

少年野球で多い体が開くケースとは?

体が開けば、体の内側の力が外へと逃げるので、下半身と上半身の力がバットのインパクトまでに伝わらないのでパワーのないバッティングになってしまいます。

バッティング開き

少年野球で多く見られる体が開くケースとして、バットを構えた軸足がすでに外に向いている事です。

これも体が開く一つだと「仁志敏久」は指摘します。

少年野球の体の開き

バッティングで体の開くことのまとめ

☑ オープンスタンスの構えや、ステップ時のアウトステップは体が開くとは言わない

☑ 上半身の体の開きは前の肩が前を向いている状態

☑ 下半身の体の開きは前のヒザが前を向いている状態

☑ 軸足も外へ向けると体の力が外へ逃げる

バッティング体の開き

体が開くクセが一瞬で直る!プロ直伝の秘密兵器

バッティングの基本からクセの矯正方法までプロが教えてくれる「7日間スラッガープロジェクト」です。

甲子園出場選手も多数輩出したロングセラーのバッティングDVDです。やっぱりプロ野球のバッターは確かな技術指導で、選手から指導者まで必見の内容になっていますよ。

間違ったスイングで練習しても上達しません。上達の近道は正しい技術や知識をプロに教わることなんですよ。バッティングDVDで人気No.1なんです!

7日間スラッガープロジェクト7日間スラッガープロジェクト

内野守備上達の全てが分かる決定版!

メジャーでもショートストップやセカンドベースマンとして出場したプロ野球選手「川﨑宗則」がショート・セカンド・サード守備の全てを教えてくれます。

チーム内でも内野守備ナンバーワンを目指せるDVDになりますよ。

ワンテンポもツーテンポも「捕球~スローイングが速くなり」堅実で綺麗な守備力が身に付く充実した内容なんです!

守備上達