バットは自由に握れますが、バットはどのくらい絞って握った方が良いのか?

と、疑問に思いませんか?今回はそんなバットの握り方についてです。

バットの握り方の基本と絞って握る位置の解説ですね。

野球のバットの握り方の基本

まずは知っているならば、当たり前なのですが「基本中の基本から」見ていきましょう。

☑ 右打者は「右手を上・左手を下」にしてバットを握ります

☑ 左打者は「左手を上・右手を下」にしてバットを握ります

野球バットの握り方

グリップの握り方について

次は、グリップをどう手で握るのか?という握り方です。

パームグリップ

パームグリップとは手のひらでバットを握ることになります。

多くの打者が用いている一般的なバットグリップの握り方です。

フィンガーグリップ

指の第二関節から指の根元でグリップを握る方法です。

パワーが伝えにくいですが、バットコントロールがしやすい握り方です。

参考までに、両方を使うバッターも存在します。

  • 前の手はバットコントロールをしやすくフィンガーグリップ
  • 後ろの手はボールを押し込むためにパームグリップ

という使い方ですね。

一時期、西武ライオンズの「秋山翔吾」が用いていましたが、現在もしているかは不明です。

特に理由やこだわりがない場合には「パーム」で握ります。

バットの絞り具合は!?

バットの握り方で一番多い疑問は、どのくらい絞って打つのか?ということではないでしょうか。

バットのグリップの絞り具合は、バッティングを逆算して考えます。

バッティングで一番力を入れる瞬間が「インパクト」の瞬間です。

その自分の一番力が入るインパクトの瞬間でバットを止めます。そして、一番力が入る絞りを探ります。

この時、バットに力をグッと前に入れるので、誰かにバットを手で抑えて止めてもらったり、何かバットが止まる木や壁などにバットを押しつけて、自分の力が入るポイントを探ります。

下記バッティング写真のインパクトの瞬間ですね ↓

力が入る絞った位置が分かれば、そのままの握った形を構えに戻します。

その絞り具合が、あなたのバッティングに合ったグリップの握り方になるんですね。

野球バットの握り方

体が開くクセが一瞬で直る!プロ直伝の秘密兵器

バッティングの基本からクセの矯正方法までプロが教えてくれる「7日間スラッガープロジェクト」です。

甲子園出場選手も多数輩出したロングセラーのバッティングDVDです。やっぱりプロ野球のバッターは確かな技術指導で、選手から指導者まで必見の内容になっていますよ。

間違ったスイングで練習しても上達しません。上達の近道は正しい技術や知識をプロに教わることなんですよ。バッティングDVDで人気No.1なんです!

7日間スラッガープロジェクト7日間スラッガープロジェクト

内野守備上達の全てが分かる決定版!

メジャーでもショートストップやセカンドベースマンとして出場したプロ野球選手「川﨑宗則」がショート・セカンド・サード守備の全てを教えてくれます。

チーム内でも内野守備ナンバーワンを目指せるDVDになりますよ。

ワンテンポもツーテンポも「捕球~スローイングが速くなり」堅実で綺麗な守備力が身に付く充実した内容なんです!

守備上達