今回はバッティングで体が開く悪例をご紹介したいと思います。

良い見本ばかり見ても理解しにくい場合には、悪い見本を理解することで反面教師になるのではないでしょうか?

バッティングで体が開いてしまう悪例

YouTubeにあった「肩の開きを直すために絶対抑えておくべき基礎練習」という動画になります。

動画のポイント解説

壁を前にしてバットを振るのは、主に「ドアスイング」の矯正で「インサイドアウト」のスイングを身に付ける時に行う練習方法です。

バッティング体の開き悪い例

なぜか?一人が補助して前の肩を開きます。

バッティング開き悪い例

動画だとより分かりやすいんですが、グリップよりも先に肩が開いていきます。

バッティング開き悪い見本

動画のタイトルは「体の開きを直す」なのですが、動画を見るとインハイ打ちの練習?の様です。

バッティング体の開き悪い

色々と疑問が残る動画でした(笑)

バッティング体が開く

意図が分からない練習方法

体の開きをテーマにしているはずですが、インハイ打ちの練習になっています。

そして、何よりも一番最初に前の肩から動いて開いていきます。

体の開きの抑え?インハイ打ち?前の肘の抜き方?インサイドアウト?と何の練習なのか分からないうえに、体は思い切り開きます。

一つ参考になるのが、これがバッティングで体が開くということですね。

④ではすでにピッチャーに胸を見せるどころか、セカンドやファーストまでにも胸を開いています。

実は、この様なスイングは「腹切り打法」とも呼ばれ、ボールをこすったりしてゴロが多くなり、体も開くので悪いバッティングフォームとされているんですね。

プロとのバッティングの比較

左が体が開かないスイングで、右が体が開いたスイングですね。

野球体の開きが早い

ネットには正しい情報も間違った情報も色々と掲載されています。

本当に正しいバッティングは、プロ野球選手に教わるのが、一番近道で間違いないんですね。

体の開きが早いとスイングで困っている場合には、下記の「7日間スラッガープロジェクト」をチェックしてみて下さいね。

一瞬で体の開きを直す方法を教えてくれますよ ^^ /

体が開くクセが一瞬で直る!プロ直伝の秘密兵器

バッティングの基本からクセの矯正方法までプロが教えてくれる「7日間スラッガープロジェクト」です。

甲子園出場選手も多数輩出したロングセラーのバッティングDVDです。やっぱりプロ野球のバッターは確かな技術指導で、選手から指導者まで必見の内容になっていますよ。

間違ったスイングで練習しても上達しません。上達の近道は正しい技術や知識をプロに教わることなんですよ。バッティングDVDで人気No.1なんです!

7日間スラッガープロジェクト7日間スラッガープロジェクト

内野守備上達の全てが分かる決定版!

メジャーでもショートストップやセカンドベースマンとして出場したプロ野球選手「川﨑宗則」がショート・セカンド・サード守備の全てを教えてくれます。

チーム内でも内野守備ナンバーワンを目指せるDVDになりますよ。

ワンテンポもツーテンポも「捕球~スローイングが速くなり」堅実で綺麗な守備力が身に付く充実した内容なんです!

守備上達